ホーム > お知らせ&ブログ > RoHS指令とREACH規則について

RoHS指令とREACH規則について

2024.5.7

大阪府柏原市のエムズ株式会社の宮﨑です。いつもありがとうございます。皆様、GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?私はこまごまとした作業や書類作成などでバタバタしておりました。今回は、RoHS指令とREACH規則について触れておきたいと思います。弊社取り扱いのトレーは全てRoHS・REACH規制に応じた材料を使用しております。ですので、安心してご使用いただける工業用部品トレー(仕切トレー)となります。

 

RoHS(ローズ)とは?

RoHSは「電気電子製品」が規制の対象となっています。電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限するEU(欧州連合)の規制となります。具体的には、冷蔵庫やパソコンなどの家電やIT機器等です。それらの電気電子製品の材料にカドミウムや鉛といった有害物質が使われていないことを電気電子製品メーカーに義務付ける法律です。

 

 

REACH(リーチ)とは?

REACHは「化学物質」が規制対象となっています。こちらもEU(欧州連合)における化学物質管理等に関する規制です。REACH規則は含んでいる化学物質の情報を登録し、開示できるようにする規則となるため含有を禁止しているものではありません。基本的に全ての成形品(雑貨、衣類、家電、車)など形のあるもの全般の供給業者の製品に含まれるSVHC(高懸念化学物質)の情報伝達を義務付けています。

RoHSは電気電子製品業界が影響を受けますが、REACHは業界に関わらず影響しているということが大きな違いとなります。

 

 

梱包資材、真空成型トレーのことでご相談はいつでもお気軽にご連絡お待ちしております。

大阪府、奈良県、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県など近隣エリアはご訪問させていただきます。

 

工業用部品仕切トレーのエムズ株式会社

大阪府柏原市国分本町2丁目 3-45-206
電話:072-978-8787
営業時間 9:00-18:00 (土日祝定休日)

ネットからのお問合せは24時間365日受付中